【レビュー】持ち運びに便利な高音質スピーカーBeats Pill+ Wireless Bluetooth Speaker

Beats Pill+を1年使ってみたのですが、良かったのでレビューしていきます。

高音質かつ大音量でサイズ感も丁度よく、最長12時間使用できるバッテリーを搭載しているBluetoothスピーカーなのでどこへでも持って行けます。

Beats Pill+専用アプリ「Beats Pill+ App」を使えばステレオ再生ができ、2台のBeats Pill+を同期して左専用と右専用にして再生することも可能です。

Beats Pill+ ポータブルワイヤレススピーカー
目次

Beats Pill+

付属品

Beats Pill+ Wireless Bluetooth Speaker
Beats Pill+ Wireless Bluetooth Speaker

Beats Pill+には

  • Beatsのロゴ入り12.5W電源アダプタ
  • Beatsのロゴ入り1.5 m Lightning USB-A充電ケーブル(ブラック)
  • クイックスタートガイド
  • Beatsのステッカー

が同梱されています。

デザイン

どんなインテリアにも合うシンプルなデザイン。

ここ数年筒型のBluetoothスピーカーがよく販売されていますが、Beats Pill+は上下が平らで側面が丸みを帯びているので、手に馴染み持ちやすいです。

上下はゴムっぽい素材をしているのに対して、側面はスピーカーっぽくメッシュでしっかりとした作りなのもGOOD。

Beats Pill+ Wireless Bluetooth Speaker

背面には、充電用のLightning端子・有線でも使えるようにAUX IN・iPhoneなど他のデバイスもBeats Pill+で充電できるようにUSB端子もあります。

サイズと重さ

サイズは、高さ6.36cm長さ21cm幅6.92cmと持ちやすいサイズ感で、どこに置いても邪魔になりません。

重さは0.745kgと、持ったときに少し重量感を感じる重さ。

置いたときに安定感があり、下がゴムっぽくなっているので滑り止めになります。

Beats Pill+の機能と使い方

Beats Pill+ Wireless Bluetooth Speaker

ペアリング

ペアリングは超簡単。

  1. 電源ボタンを長押し
  2. 「b」ボタンが光り電源が入る
  3. 設定→Bluetooth→Beats Pill+がその他のデバイスに表示されるのでタッチ

iPhoneはもちろん、Windowsのパソコンにも簡単にペアリングができます。

操作性

ボタンは全部で

  • 電源ボタン
  • ボリュームボタン
  • 「b」ボタン

のみの無駄を省いたシンプルな作り。

電源ボタンを長押しするとオン・オフができ、横にあるLEDのバッテリー残量表示と「b」ボタンが光ります。

ですが気になるのは、電源のオン・オフ時に流れる起動音と終了音が大音量でけっこううるさいこと。

ぼくも最初は困ったのですが、起動音と終了音はBeats Pill+専用アプリ「Beats Pill+ App」で消すことが可能です。

Beats Pill+ Wireless Bluetooth Speaker
  1. 「Beats Pill+ App」を開いて、このアプリを入れたデバイスとBeats Pill+を接続します。
  2. 次にホーム画面を下にスクロールすると、上の画像の画面がでてくるのでオフに切り替えます。

これで起動音と終了音は鳴らなくなりました。

今のところ起動音と終了音のボリューム調整はできないみたいです。

「b」ボタンでは、下記の操作ができます。

  • 1回:音楽の再生と一時停止・通話の応答
  • 2回:次の曲へスキップ
  • 3回:前の曲へ戻る

どのボタンも押したときに「ポチッ」と押した感覚があります。

音質と音量

Beatsらしいパワフルで低音の効いたサウンドでありながら、バランスのとれたチューニングで長時間聴いていられます。

iPhoneと接続している場合は16段階で音量設定ができますが、作業中にデスクに置いて使うなら3~5で十分。

静かな環境なら2でもしっかり聴こえます。

大音量なので屋外で使うのにも最適です。

バッテリー

バッテリーは最長12時間使用でき、3時間で急速充電できます。

背面のUSB端子では、Beats Pill+からiPhoneや他のデバイスを充電することも可能です。

LEDのバッテリー残量表示は電源ボタンの横にあり、充電状況の確認もできます。

Bluetooth機能

1年使ってみましたが、途切れも遅延もなく安定しています。

電源をオンにすると、前回接続していたデバイスに自動接続されるので、ストレスなく快適です。

Beats Pill+ App

Beats Pill+ Appを使えば、ステレオ再生ができます。

それと2台のBeats Pill+を同期し、左専用と右専用にして再生することも可能です。

より大音量で聴きたい人や、よりパワフルなサウンドを求める人は、ぜひ試してみてください。

Beats Pill+ Wireless Bluetooth Speaker

まとめ

Beats Pill+ Wireless Bluetooth Speaker

Beats Pill+はこんな人におすすめ

  • 持ち運びしやすくて、高音質のBluetoothスピーカーが欲しい
  • 低音の効いた大音量で音楽を聴きたい
  • 長時間聴けるスピーカーが欲しい

自宅でも外でもBeats Pill+はおすすめです。

外出時には、下記のようなケースがあると便利ですよ。

Beats Pill+ ポータブルワイヤレススピーカー
Apple Dr. Dre Beats Pill+ Pill Plus 専用スピーカーバッグ

防水のBluetoothスピーカーだと、「Bose SoundLink Micro」と「SONY SRS-XB10」がおすすめです。

どちらも小型ですが高音質で、場所問わず使えるので汎用性が高いところがポイント。

Bose SoundLink Micro Bluetooth speaker
ソニー ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB10
目次
閉じる