ドロップチューニングにおすすめのギター弦まとめ【ドロップD ~ドロップA】

ハードロック/へヴィメタルを弾くギタリストにとってドロップチューニングは必須。

ぼくもメタルを弾くことが多く、持っているギターのほとんどをドロップチューニングにしています。

そこで今回は、ドロップD ~ドロップAまでのおすすめのギター弦を紹介していきます。

この記事を読めばすぐにドロップチューニングにできるので、さっそく見ていきましょう。

目次

ドロップチューニングとは?

ドロップチューニングとは、6弦ギターなら1弦から5弦に対して6弦のみを1音下げるチューニングです。

7弦ギターなら、7弦のみを1音下げます。

例えばレギュラーチューニングは「EADGBE」ですが、ドロップチューニングだと「DADGBE」です。

人差し指か中指、もしくは中指と薬指を使って押さえるだけで、パワーコードと同じサウンドがだせます。

パワーコードよりも簡単に押さえることができるので、激しいギタープレイの多いハードロック/へヴィメタルでは多用されていますね。

チューニングを低くすればするほど弦にかかるテンション(張りの強さ)が弱くなるので、弦のゲージ(弦の太さ)を太くしたり、弦高を上げるなどして、弦にかかるテンションを調整する必要があります。

そこで下記では、各ドロップチューニングに最適な弦のゲージを紹介していきます。

ドロップチューニングにおすすめのギター弦

ドロップD(D,A,D,G,B,E)

1弦から5弦まではレギュラーチューニングと同じで、6弦のみを1音下げたチューニングです。

レギュラーゲージの「10-46」でも問題なく、ぼくもこのゲージを使っています。

ですが「10-46」だと6弦が少し緩いので、ベストを求めるなら6弦のみ「49」に変えることをおすすめします。

ドロップC#(C#, G#, C#, F#, A#, D#)

1弦から5弦までを半音下げ、6弦を1音半下げたチューニングです。

ゲージは「10-52」がおすすめ。

半音下げぐらいなら、1弦から3弦まではレギュラーゲージと同じでOKです。

6弦を「49」にして「ドロップD」「ドロップC#」どちらも弾けるようにするのもアリ。

ドロップC(C, G, C, F, A, D)

1弦から5弦までを1音下げ、6弦を2音下げたチューニングです。

ゲージは「11-54」がおすすめ。

もし太いと感じる場合は、「11-49」のセットを選ぶのもアリです。

緩くなるので押さえやすくなりますが、ピッキングハーモニクスなどがしづらくなるので、弾く曲やプレイスタイルによって使いわけましょう。

ドロップB(B,F#,B,E,G#,C#)

1弦から5弦までを1音半下げ、6弦を2音半下げたチューニングです。

ゲージは「12-56」がおすすめ。

レギュラーゲージと比べるとかなり弦が太くなっているので、押さえづらい場合は「11-54」にするといいでしょう。

D’Addario NYXL Medium Top/Extra-Heavy Bottom NYXL1156 11-56

ドロップA#(A#,F,A#,D#,G,C)

1弦から5弦までを2音下げ、6弦を3音下げたチューニングです。

ゲージは「12-59」あたりがおすすめ。

ここまで弦が太くなると、6弦セットがあまりなく7弦セットになってきます。

7弦セットを6弦ギターに張る場合は、6弦を使わずに7弦を6弦として使うと、「ドロップチューニングは1弦から5弦に対して6弦のみ1音下がっている」のでテンションが調度よくなります。

それと7弦セットは4弦~7弦がワウンド弦(巻き弦)になっているので、1弦を使わずに2弦~7弦を6弦ギターに張ると3弦がワウンド弦になってしまうので気をつけましょう。

ドロップA(A,E,A,D,F#,B)

1弦から5弦までを2音半下げ、6弦を3音半下げたチューニングです。

ゲージは「12-62」あたりがおすすめ。

6弦セットの「ERNIEBALL Mammoth Slinky」は3弦がワウンド弦になっています。

なので7弦ギターに張る場合は、プレーン弦の1弦を別で買い足すと「ドロップA」に最適なゲージになり、現在でているセットの中ではかなりベストだと思います。

ERNIEBALL Paradigm Skinny Top Heavy Bottom Slinky 7-String 10-62

まとめ

求めるサウンドや弦高によっても、どの弦どのゲージにするかが変わってきます。

ギターのスケール(ナットからブリッジまでの長さ)も考慮して、ゲージを決めるとより正確に選べます。

弦は消耗品なので、お気に入りのゲージが見つかるまでガンガン変えていきましょう!

目次
閉じる