SCHALLERのストラップロックピン「S-Locks 」の取り付け方

立って弾くときにギターやベースが落ちないか不安なときは、ストラップロックピンがおすすめです。

そこで今回は、1年使っているSCHALLERの「S-Locks」の取り付け方を紹介していきます。

しっかり取り付けることで、大切なギターやベースを落下による破損から守ることができるので、さっそく見ていきましょう。

Schaller シャーラー ストラップロックピン S-Locks
目次

SCHALLER(シャーラー)とは?

SCHALLER(シャーラー)とは?

SCHALLERは、ドイツのギター/ベースパーツのメーカーです。

ストラップロックピンのパイオニアで、ストラップロックピンといえばSCHALLERというくらい定番であり、基準になっています。

ギター用のペグやロック式トレモロユニットなども、製造・販売しています。

SCHALLERのストラップロックピンには、旧型「Security Locks」と2018年に発売された新型「S-Locks」があり、今回紹介するのは新型「S-Locks」です。

「S-Locks」の付属品

「S-Locks」の付属品

「S-Locks」には、「ストラップボタン」「ストラップロック」「ロック・ホイール」が各2つずつ付属されています。

それと、パッケージが箱型になりデザインが良くなりました。

「S-Locks」の取り付け方

ストラップに取り付ける

ストラップに取り付ける

まず「ストラップロック」を穴に通して、「ロック・ホイール」を手で時計回りに締めていきます。

「ロック・ホイール」は角が丸みを帯びているほうが上です。

ちなみに、このストラップは「Jim Dunlop D07-01BK Poly Strap Black」というスタンダードなストラップですが、穴を拡張する必要もなくスムーズに入りました。

SCHALLER S-Locks

次に、「ロック・ホイール」に小さい穴が2つ空いているので、ここに2mmほどの六角レンチを通してさらに締めていきます。

SCHALLER S-Locks

そして、「ロック・ホイール」の側面にあるネジを、マイナスドライバーで締めたら完了です。

取り外すときは、ネジをゆるめてから外します。

たまにでいいのでゆるんでいないか確認すると、落下の心配がなくて安心です。

ギターに取り付ける

SCHALLER S-Locks

次は、ギターに取り付けていきましょう。

ギターに取り付けてあるストラップピンを外して、「S-Locks」の「ストラップボタン」を取り付けます。

フェルト(黒い丸いやつ)も忘れずに!

「S-Locks」の「ストラップボタン」は、六角レンチで取り付けられるようになっています。

メンテナンス工具は、「D’Addario Multi-Tool PW-GBMT-01」がおすすめ。

ギターやベースに必要な六角レンチやドライバーが、全部で10本付いています。

これを買ってからは、メンテナンスに必要な工具がなくて困ったことがないので、1つ持っておくと便利です。

まとめ

SCHALLER S-Locks

新型「S-Locks」になって、さらに安定してロックできるようになりました。

取り付けもシンプルで簡単なので、初心者にもおすすめです。

また、8色展開しているので自分のギターやベースに合ったカラーが選べるのも良いですね。

基本、自宅だけでギターやベースを弾く人も練習にストラップは欠かせないので、ぜひこの機会に「S-Locks」を使ってさらに上達していきましょう。

Schaller シャーラー ストラップロックピン S-Locks
目次
閉じる