【レビュー】耳から外れないモニターイヤホンSHURE SE215

SHUREイヤホンのエントリーモデルSE215。

価格は1万円台と手頃で、リスニング用としてはもちろん最初のモニターイヤホンとしてもおすすめです。

そこで今回は、SE215を3年使ってみてわかった音質や使用感についてレビューしていきます。

目次

SHURE SE215

SHURE SE215

SHURE掛けで耳から外れない

SHURE掛け(耳掛け)なので、耳から全く外れません。

どれくらい外れないかと言うと、楽器の練習中にヘドバンしようが、ランニング中に全力ダッシュしようが外れません。

しっかりホールドしてくれます。

なので通勤で使うときでも、無くす心配がなくていいですね。

それと楽器の練習中にイヤホンを使うと、腕に引っかかったりして邪魔ですが、SHURE掛けはケーブルを自然に後ろに流せるので快適です。

ライブでイヤモニとして使われているだけあって、実用的な作りになっています。

遮音性が高い

SE215のイヤーチップは、素材がカナル型のイヤーチップでよく使われているシリコンではなく、耳栓のような素材をしているので遮音性がかなり高いです。

ノイズキャンセリングと変わらないレベルで周りの音が聞こえないため、集中したいときに最適

ただし、交通量の多い場所など、周りの状況を把握する必要があるときは注意しましょう。

それと、遮音性が高いと音漏れもしないので、通勤時に大音量で聴くこともできます。

高音質でクリアなサウンド

低音域から高音域まで、バランスの取れたチューニングでクリアなサウンドは、イヤモニとして最適。

クセのない自然な音を再現してくれるので、楽器の音作りやDTMなどで活躍します。

ちなみに、SE215には「スタンダードエディション」「スペシャルエディション」があります。

「スタンダードエディション」のカラー展開は、現在クリアとブラックの2種類で、ぼくが使っているのもこちらになります。

Beatsのイヤホンなどのように、低音の効いた音が好きな人は、低音域を強化したチューニングになっている「スペシャルエディション」がおすすめ。

「スペシャルエディション」のカラー展開は、現在トランスルーセントブルーとホワイトの2種類になります。

360度回る着脱式のケーブル

着脱式のケーブルなので、別途でケーブルを買い足せば、有線にも無線にもなります。

このケーブル交換のことを「リケーブル」と言い、もし断線した場合でもケーブルを買って取り付けることで簡単に自分で修理することが可能です。

自宅で長時間の作業をするときは有線外で使うときは無線と、環境や気分によって変えられるのはかなり良いですね。

SHURE リケーブル SEシリーズ用 リモート&マイク内蔵
SHURE ワイヤレス リケーブル Bluetooth SEシリーズ用

耐久性に優れてる

現在、3年ほど使っていますが一度も壊れていません。

音が途切れたりなどの不調もなく、快適に使えています。

1万円台のイヤホンとしては、かなり優秀なほうですね。

付属の専用ケースのクオリティが高い

SE215を買うと専用ケースが付属されてきます。

ケースの中にはメッシュの仕切りがあって、変えのイヤーチップを入れたり、iPhoneを使っている人ならLightning変換アダプタを入れるのにも使えます。

カラビナも付いてるので、カバンなどに付けておけば無くす心配もありません。

SHURE SE215
SHURE SE215

付け外しについて

付け外しが面倒くさいと感じる人もいるかもしれません。

ただそれはしっかりホールドしてくれるためであって、耳から外れない分しょうがないですね。

慣れれば簡単に付け外しができるようになるので、あまり気にする必要もないと思います。

まとめ

SHURE SE215

SE215はこんな人におすすめ

  • 耳から外れないイヤホンが欲しい
  • 遮音性の高いイヤホンが欲しい
  • 楽器の練習・DTM・動画編集で使いたい

SE215は、エントリーモデルでありながら、高音質で有線にも無線にもなり、いろいろな環境で使える汎用性の高いイヤホンです。

なので、どのイヤホンにするか迷っているならアリな選択肢だと思います。

また、遮音性の高いイヤホンが欲しいけど「ノイキャン機能のあるイヤホンやヘッドホンは高い…」という人にもおすすめです。

目次
閉じる